おすすめ教材
PyAutoGUI

PyAutoGUIでカーソルの移動とクリック操作

PyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう

今回はPyAutoGUIを使ってカーソルの移動とクリック操作の方法を紹介していきます。

こんな感じ。

(録画ツールの関係上、マウスが出てませんが、実際には3秒かけて動いてます。。)

 

クリックの実施

PyAutoGUIを用いてクリック処理を実装する方法を説明していきます。

まずクリックするためにはクリックするところまでカーソルを移動させる必要があります。

クリックさせたい箇所はposition()で対象の座標を取得します。

PyAutoGUIでデスクトップの座標取得PyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう 今回はPyAutoGUIを使用して画面上の特定位置の座標を取得する方法を紹介します。 ...

カーソルの移動

import pyautogui

pyautogui.moveTo(200, 300,3)

moveTo(”x座標”,”y座標”,”カーソルの移動時間”で実装できます。

上記の場合は対象の座標に3秒かけてカーソルが移動することになります。

また、最後のカーソル移動時間の引数は省略可能で、その場合は即時に対象座標にカーソルが移動します。

クリック操作

import pyautogui

pyautogui.moveTo(200, 300)
pyautogui.click()

上記は①カーソルを指定座標に移動②クリックの2行で表現しましたが、

以下のように1行で表現することも可能です。

pyautogui.click(200, 300, 1)

この場合は即時で対象座標にカーソルが移動しクリック操作を行います。

クリック操作詳細

クリック操作はclick()は以下のオプションを付与することができます。

pyautogui.click(x, y, clicks, interval, button)
  • x:x座標
  • y:y座標
  • clicks:クリック回数
  • interval:クリック間隔(秒)
  • button:クリックの種類

buttnoは‘left’,’right’,’center’の3種類があります。

それぞれ、左クリック、右クリック、中央クリックを意味します。

省略した場合は’left'(左クリック)となります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

PyAutoGUIで右クリックやダブルクリックをするPyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう 今回は普通のクリック(左クリック)以外のクリックの方法を紹介していきます。 普通のク...

ソースコード

import pyautogui as gui
import sys

gui.moveTo(96, 503,3)
gui.click(96, 503,2,0.5) #0.5秒間隔で2回押す