おすすめ教材
PyAutoGUI

【自動入力】PyAutoGUIでキーボード操作

PyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう

今回はPyAutoGUIを使ってキーボード入力を自動で行うプログラムを紹介していきます。

こんな感じ。

ここでは、キーボードの自動入力前にchromeのアイコン画像を認識させて起動しています。

画像認識の方法に関しては以下の記事をご参考ください!

PyAutoGUIで画像を認識させてクリックするPyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう 今回はPyAutoGUIを使って画像を認識させる処理をみていきます。 こんな感じ。 ...

 

キーボード操作

①単純なキーボード押下

pyautogui.press('a')

これはキーボードの”a”を押下する挙動を実現できます。

②キーボードの押下

pyautogui.keyDown('a')

これはキーボードの”a”を押しっぱなしの状態を実現できます。

③キーボードを離す

pyautogui.keyUp('a')

これは②で実施した押しっぱなしの状態からキーボードを離す挙動を実現できます。

④複数キーボードの操作

次のプログラムで二つ以上のキーボードの同時押しを実現できます。

pyautogui.hotkey('ctrl', 'c')

これはよく使用する、ショートカットキーのコピーを実現できます。
動作の詳細としては、ctrlキーを押したままにする、cキーを押したままにする、cキーを離す、ctrlキーを離す挙動となります。

⑤連続キーボード押下

pyautogui.typewrite('abcdef')

これは、a,b,c,d,e,fの順にキーボードを押下する挙動を実現できます。

入力可能なキーボード

入力できるキーボードの種類は公式ページに一覧が記載されていますので参考にしてみてください。

公式ページ

ソースコード

import pyautogui as gui
import sys

try:
    x,y = gui.locateCenterOnScreen("./chrome.png")
    gui.doubleClick(x/2,y/2) #chromeを起動
    gui.typewrite('python  ', interval = 0.5) #pythonを0.5秒間隔で入力
    gui.press('enter') #検索実行

except Exception as ex:
    print("対象が見つかりませんでした。")
    print(ex)

 

実は。。

実はこのPyAutoGUIは英字の入力はできるのですが日本語の入力ができません

しかし、少し工夫してあげるだけで日本語入力が可能になります。

PyAutoGUIでの日本語入力の方法は以下の記事で紹介しています。

PyAutoGUIで日本語入力PyAutoGUIで面倒ごとを自動化しよう 今回はPyAutoGUIで日本語の入力の方法を紹介していきます。 こんな感じ。 ...